遺言・相続・成年後見 千葉県  【いけもと行政書士事務所】





【無料相談】 無料メール相談は
        こちら



遺言とは
遺言を残したほうがよい方
自筆証書遺言
公正証書遺言
秘密証書遺言
遺言の効力
相続手続
成年後見




建設業許可申請
廃棄物収集運搬許可申請
古物商許可申請
会社・法人設立
会計記帳
自動車登録申請
車庫証明申請
内容証明
在留許可・永住許可申請
農地転用
パスポート申請



いけもと行政書士事務所
代表: 池本 勝芳
詳しいプロフィールはこちら

身近な相談相手として、皆様の笑顔のために、努力し続けて参ります。

〒285-0923
千葉県印旛郡酒々井町
    東酒々井1-1-133-101
TEL:043-488-5380
E-mail:info@ikemoto-office.biz

【対応地域】千葉県内 (ご相談内容により全国対応いたします)


  相続とは

 相続といえば、一般的に遺産相続と言われており被相続人(死亡した人)の財産を、相続人(遺族)によって分けるという印象が強いですが、民法に「一切の権利義務を承継する。」(民法896条)とあるように、被相続人のプラスの財産だけではなく、借金・負債などのマイナスの財産も相続することになります。
 ですので、「故人には財産がほとんどないからウチには関係ないわ。」ということは言えず、誰にでも関係してくる問題なのです。

では、相続とはどのようにすればよいのか?

 まず遺言書の有無を確認します。その後故人の財産・債務の特定と、相続人の特定をしなければなりません。

財産の特定は、現金・預貯金・株券・不動産等のプラスの財産と借金や保証債務等のマイナスの財産を調査します。

相続人の特定は、故人の遺言があれば基本的に最優先されますが、遺言がない場合は民法により定められている法定相続人が相続人となります。

法定相続人には誰がなるのか?

 法定相続人は民法によって、その順位と範囲が定められています。
配偶者がいる場合には、配偶者は常に相続人となります。

配偶者以外の親族は、

第1順位が子、第2順位が父母、第3順位が兄弟姉妹となります。

相続の範囲は、

パターン1: 配偶者と子の場合・・・配偶者が2分の1で子が2分の1(子が複数の場合はその人数で均等分け)

パターン2: 配偶者と直系尊属(父母又は祖父母)の場合 ・・・配偶者が3分の2で直系尊属が3分の1

パターン3: 配偶者と兄弟姉妹の場合・・・配偶者が4分の3で兄弟姉妹が4分の1

上記は基本的なパターンで、遺言の有無・遺贈・遺留分等で複雑に変わる場合があります。

相続手続きはいつまでにすれば良いのか?

相続に関係する期間として、3ヶ月以内と10ヶ月以内というのがあります。
10ヶ月以内というのは、相続税の納付期限です。

3ヶ月以内というのは、相続には3種類あり、単純承認・限定承認・相続放棄というのがあります。

3ヶ月以内に限定承認か相続放棄を選択し、家庭裁判所に申立てなければ、全て単純承認したものとみなされます。

単純承認・限定承認・相続放棄とは?

単純承認とは、故人の権利・義務(財産や債務)を全て相続することを承認することです。
自分に相続があったことを知った日から3か月何もせずに過ぎると、単純承認をしたものとみなされます。

限定承認とは、故人の財産と債務が複雑な場合などで、財産の限度内で債務を負担することを承認することです。

相続放棄とは、故人の権利・義務を一切放棄することで、相続放棄をすると初めから相続人ではなかったことになります。

相続の内容は、個別案件ごとに大きく異なります。
まずは、お問い合わせください。お問い合わせは、こちらから



※ 紛争状態にある案件は、弁護士をご紹介いたします。

※ 相続税等に関するご相談は、税理士をご紹介いたします。


ホームよくあるご質問料 金 表業務のご案内事務所案内 | 相続とは遺言とは成年後見 |
車庫証明申請 内容証明建設業許可申請古物商許可申請 | 会社・法人設立 | 会計記帳 |


相続・遺言・車庫証明なら、いけもと行政書士事務所へ

TEL:043-488-5380 E-mail:info@ikemoto-office.biz
Copyright (C) ikemoto-office. All Rights Reserved.
相続 遺言 千葉 | 建設業許可認可地縁団体古物商 千葉
パスポート代理申請車庫証明ビザ申請