遺言・相続・成年後見 千葉県  【いけもと行政書士事務所】





【無料相談】 無料メール相談は
        こちら



遺言とは
遺言を残したほうがよい方
自筆証書遺言
公正証書遺言
秘密証書遺言
遺言の効力
相続手続
成年後見




建設業許可申請
廃棄物収集運搬許可申請
古物商許可申請
会社・法人設立
会計記帳
自動車登録申請
車庫証明申請
内容証明
在留許可・永住許可申請
農地転用
パスポート申請


いけもと行政書士事務所
代表: 池本 勝芳
詳しいプロフィールはこちら

身近な相談相手として、皆様の笑顔のために、努力し続けて参ります。

〒285-0923
千葉県印旛郡酒々井町
    東酒々井1-1-133-101
TEL:043-488-5380
E-mail:info@ikemoto-office.biz

【対応地域】千葉県内 (ご相談内容により全国対応いたします)


運営姉妹サイト
建設業許可申請 相談所

地縁団体設立 相談所



  遺言を残したほうがよい方とは?

 「遺言」は、あなたのお気持ちを残しておくという意味では、どなたでも書いておくべきものだと私は思います。あなたが築きあげてきた財産や人間関係が、「遺言」を残さないと、
あなたの意思とは関係なく法的に、形式的に処分されてしまうからです。


 しかし、中でも遺言を残しておいたほうがよい方がいますので参考にしてみてください。


 
・ 子供がいないご夫婦の場合
    子供がいないご夫婦の場合、妻(夫)に全財産を残したい
    ときは、「遺言」の活用が重要です。相続人が妻(夫)とご本
    人のご兄弟の場合には、
「遺言」が無ければ、1/4を兄弟が
    相続
します。「遺言」があれば、兄弟には「遺留分」がないた
    め、全部妻(夫)が相続できます。



 ・ 再婚されたご夫婦の場合
     再婚した場合には、先妻に子供がいたり、それぞれに子
     供がいたり、
相続人が複雑になるケースが多いです。そ
     の時には、あなたの「遺言」がとても重要になります。争い
     を未然に防ぐことができます。    



 ・ 内縁の妻(夫)がいる場合
     最近では、事実婚で籍をいれない内縁の方が増えていま
     す。しかし、
内縁の場合には相続権がありません。「遺言」
     で財産を残すようにしましょう。



 ・ 相続人が多い場合
     相続人が多い場合は、話し合いがつきにくく、争いごとに
     なるケースが多いです。「遺言」を残しておくことによって、
     争いごとが起きるのを防ぐことができる場合もあります。



 ・ 身寄りがなく、相続人がいない場合
     身寄りがない場合は、財産は最終的には、国のものになり
     ます。お世話になった方や、慈善団体などに財産を残した、
     い場合には、「遺言」を残すようにしましょう。



 ・ 息子の嫁や、身の回りの世話をしてくれた人に残す場合
     
嫁には相続権がないので、息子が先に亡くなっていた場合
     には、嫁には財産が残りません。身の回りの世話をしてくれ
     た人等に財産を残したい時も、「遺言」を残しておくことが必
     要です。




 他にも「遺言」を活用したほうが良いケースはたくさんありますので、是非1度ご相談ください。


 


次のページ 自筆証書遺言


ホームよくあるご質問料 金 表業務のご案内事務所案内 | 相続とは遺言とは成年後見 |
  車庫証明申請 内容証明建設業許可申請古物商許可申請 | 会社・法人設立 | 会計記帳 |


相続・遺言・車庫証明なら、いけもと行政書士事務所へ

TEL:043-488-5380 E-mail:info@ikemoto-office.biz
Copyright (C) ikemoto-office. All Rights Reserved.
相続 千葉 | 建設業許可認可地縁団体古物商 千葉
パスポート代理申請車庫証明ビザ申請