遺言・相続・成年後見 千葉県  【いけもと行政書士事務所】





【無料相談】 無料メール相談は
        こちら



遺言とは
遺言を残したほうがよい方
自筆証書遺言
公正証書遺言
秘密証書遺言
遺言の効力
相続手続
成年後見




建設業許可申請
廃棄物収集運搬許可申請
古物商許可申請
会社・法人設立
会計記帳
自動車登録申請
車庫証明申請
内容証明
在留許可・永住許可申請
農地転用
パスポート申請


いけもと行政書士事務所
代表: 池本 勝芳
詳しいプロフィールはこちら

身近な相談相手として、皆様の笑顔のために、努力し続けて参ります。

〒285-0923
千葉県印旛郡酒々井町
    東酒々井1-1-133-101
TEL:043-488-5380
E-mail:info@ikemoto-office.biz

【対応地域】千葉県内 (ご相談内容により全国対応いたします)


運営姉妹サイト
建設業許可申請 相談所

地縁団体設立 相談所


  秘密証書遺言

 次に3つめのパターン、
「秘密証書遺言」についてご説明します。

 「秘密証書遺言」は、遺言があることは知らせていても、その内容を誰にも知られない、秘密を保てる遺言といえます。

 「秘密証書遺言」の作成方法ですが、公正証書遺言と同様に、
証人を2人お願いする必要があります。

 そして、公証人と2名の証人の前で遺言に署名押印し、それを封筒などに入れ、同じ印鑑で封印し、その封筒に公証人と証人2人がそれぞれ署名押印します。この時に、公証人と証人は内容の確認はしません。ただ、その遺言が間違いなくあなたのものであることを証明するだけです。
 公証人は、内容を確認しないので、後から遺言の不備が見つかって無効になってしまうケースもあります。

 また、秘密証書遺言は
「検認」の手続をする必要があります。

 「秘密証書遺言」は、内容を誰にも知られないというメリットはありますが、費用や手間ひまがかかることや、内容の不備があってもわからない点など、デメリットの部分が大きいといえます。

 後々、争いごとが起きないようにするためにも、費用はかかりますが、「公正証書遺言」にしておくことを強くお勧めします。








次のページ 遺言の効力

 




ホームよくあるご質問料 金 表業務のご案内事務所案内 | 相続とは遺言とは成年後見 |
  車庫証明申請 内容証明建設業許可申請古物商許可申請 | 会社・法人設立 | 会計記帳 |


相続・遺言・車庫証明なら、いけもと行政書士事務所へ

TEL:043-488-5380 E-mail:info@ikemoto-office.biz
Copyright (C) ikemoto-office. All Rights Reserved.
相続 千葉 | 建設業許可認可地縁団体古物商 千葉
パスポート代理申請車庫証明ビザ申請