遺言 書き方・相続手続・成年後見 千葉県  【いけもと行政書士事務所】





【無料相談】 無料メール相談は
        こちら



遺言とは
遺言を残したほうがよい方
自筆証書遺言
公正証書遺言
秘密証書遺言
遺言の効力
相続手続
成年後見




建設業許可申請
廃棄物収集運搬許可申請
古物商許可申請
会社・法人設立
会計記帳
自動車登録申請
車庫証明申請
内容証明
在留許可・永住許可申請
農地転用
パスポート申請


いけもと行政書士事務所
代表: 池本 勝芳
詳しいプロフィールはこちら

身近な相談相手として、皆様の笑顔のために、努力し続けて参ります。

〒285-0923
千葉県印旛郡酒々井町
    東酒々井1-1-133-101
TEL:043-488-5380
E-mail:info@ikemoto-office.biz

【対応地域】千葉県内 (ご相談内容により全国対応いたします)


運営姉妹サイト
建設業許可申請 相談所

地縁団体設立 相談所



  遺言の効力

 遺言の効力ですが前のページにも書いたとおり、遺言に残しておけば、法定相続分より優先します。

 しかし
完全に遺言のとおりになるかといえば、そうでもありません。

 たとえば、「遺留分」というのがあります。

 「遺留分」とは、あなたが全財産を配偶者(妻や夫)に残すような遺言をしたとします。

 相続人が配偶者の他に、第一相続人の子供がいたり、子供がいなくても第二相続人の父母がいた場合には、子供や父母には自分たちの最低限の生活を守る分(遺留分)を請求する権利があるのです。

 何も言ってこなければそれまでですが、1年以内に請求されたら渡さなくてはいけません。

 子供も父母もい兄場合に、第三相続人の兄弟がいる場合には、兄弟には「遺留分」が無いので、遺言どおり全財産を配偶者に相続できます。



 他に、相続人全員の同意があれば、遺言とは違う内容で遺産分割することもできます。

 全財産を配偶者に残す遺言をしたとしても、その配偶者が「私はいらないから、子供や孫で分けなさい。」と言って、それに他の相続人が同意すれば、そのように相続されます。

 また、「公正証書遺言」でも作成時の方法や判断能力の有無が争いになり裁判で無効になってしまった例もあります。

 ご自分で作った遺言が心配な方や、「公正証書遺言」にして、完全に安心な遺言を残したい方は、1度専門家への相談をお勧めします。

 是非、「遺言」を活用してあなたの財産や、大切なご家族を守りましょう!!

 




ホームよくあるご質問料 金 表業務のご案内事務所案内 | 相続とは遺言とは成年後見 |
  車庫証明申請 内容証明建設業許可申請古物商許可申請 | 会社・法人設立 | 会計記帳 |


相続・遺言・車庫証明なら、いけもと行政書士事務所へ

TEL:043-488-5380 E-mail:info@ikemoto-office.biz
Copyright (C) ikemoto-office. All Rights Reserved.
相続 千葉 | 建設業許可認可地縁団体古物商 千葉
パスポート代理申請車庫証明ビザ申請